So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ヘンリープール1回目の仮縫い [洋服]

7月17日に注文したスーツの1回目の仮縫いをしてきました。生地はハリソンズオブエジンバラのフロンティアです。鉄紺にグレーのチョークストライプが控えめに入っている上品な生地です。300gでこの生地なら3シーズンいけそうです。仮縫いの段階でも仕立て栄えする生地であることがよくわかりました。
henrypoole.JPG

ジャケットのほうの仮縫いは本当に簡単に終わってしまいました。肩の傾斜と胸のボリュームがうまくできていると思いました。上半身に関しては僕は腕の長さも胸板の厚さも十分ありやりやすいようです、これはフィレンツェでも同じことを言われました。パンツですが、僕は骨盤が広めで骨盤にあわせると少しヒップの下の部分を削らなくてはいけないようで少し補正するようです。あと、採寸時にSimonとPhilipから足をそろえてたってみろといわれて僕の脚がまっすぐなので驚いていました。日本人に対しての間違った認識でしょうか。そんなに現在の日本人の脚が曲がってはいないと思うのですが。どなたかヘンリープールであつらえた経験のある方、いかがでした?

10月に東京で2回目の仮縫いをして年末にロンドンで受け取りの予定です。早めのクリスマスプレゼントです。

写真はヘンリープールのMr.Philip Parkerです、とてもフレンドリーで安心してお願いできました。ジャケットの後ろはヘンリープールの顧客台帳です。白洲次郎や吉田茂のものもあるんでしょうか。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

ナポリといえばSalvatore alla Riviera

昼過ぎにフィレンツェに列車で向かうのだけれどどうしてもナポリではここに行きたい。初めてナポリに来て以来、いつでもお昼を食べにやってくるのがここ、Salvatore alla Riviera!ここのは本物だ!
pizza.JPG
ちょっと中心部からは歩くけれど、安くてお店の人の感じも良くていうことなしです。

ちなみにこんな道を延々と歩いていくとお店に着きます。
napoli.JPG

さて、食事もしたし、列車に乗り遅れないようにお店を出ることにします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ナポリに到着 [旅行]

ロンドンから無事にナポリに到着。朝5時にRussell SquareからEuston駅まで徒歩で移動、Victoria駅でGatwick Expressに乗り換えました。ターミナル3まで移動し無事チェックイン。空港からバスで中央駅まで移動して、中央駅近くのホテルにチェックイン。

Marinellaはやっぱりネクタイを買いに行ってしまいました。既製で1本95ユーロ、買い始めたときに比べたらずいぶん値上がりです。スミズーラしたものがむかしはこれくらいだったような。今回購入したのは少し濃いシルバーに白のドットの織がはいったものと紺に白いドットのプリントの定番的なもの。ピンドットのものは4年ほど前にスミズーラしたので、似たいような感じで使い勝手のよい既製のものが欲しかったのです。シルバーのものももっと明るいやつをすでに持っているので。似たようなやつしか買わなくなるものです。ショーウィンドウに飾ってあったパープルのものもすごく素敵で迷ったんですが。
マリネッラ.jpg
夜はDoraで食事。ここはシーフードの名店で有名です。MarinellaのあるChiaia通りをしばらくいったところの路地にあります。Chiaia通り自体は海岸通りで開放的な感じがするのですが、Doraがあるような路地によっては薄暗く地元の人たちがテーブルや椅子を出して座っていてちょっと怖い感じ。早い時間だったので予約なしでなんとか入れましたが、普通のディナーの時間に食事をしたい方は予約を忘れないでください。
dora.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ヘンリープールでオーダーを#1 [洋服]

 今年の自分への誕生日プレゼントはビスポークスーツ。しかも、ロンドンはSavile RowのHenry Pooleにて先ほど注文しました。最初のヨーロッパ旅行、もう13年ほど前になるけれど、そのときの印象はとても悪くて2度と来るかと思っていましたが、多少いろんな経験もつんだしどれぐらい相手にされるかなということをはかりたいので2度目の訪問です。
henrypoole.JPG
 来週金曜日に一回目の仮縫いをするのでそのときは写真もアップできたらいいなと思っていますが、ハリソンズ・オブ・エジンバラのFRONTIERから僕好みのあまりストライプが主張しないネイビー地に白いチョークストライプのものを選びました。ちなみに価格は2500ポンド(輸出用の税抜き価格)、ダブルのスーツです。こういう情報って結構僕もほしかったりするので今回は書いておきます。
 ここを選んだのは年に二回東京にきていることと一度きちんとしたイギリスのスーツを着てみたかったからです。フィレンツェのスーツはもちろんすごく気に入っているんだけれどね。ヘンリープールはとりあえずここで頼んでおけば間違いないだろう的な主体性のないオーダーです。もちろんここの伝説的な顧客の存在は大きかったですが。

 あと、知人の紹介で今からジョンロブの工房を見学に行ってきます。隣には帽子のロックもあるみたいなので楽しみです。
 lobb.JPG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。