So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
-| 2009年03月 |2009年04月 ブログトップ

次期ジャケット決定 [洋服]

 土曜日に仕立て屋で次のジャケットを注文して来ました。最後まで迷った結果、スーツはやめてジャケットに。なぜなら、春夏にスーツを着ることがほとんどないんです。あと、気に入っていたグレーのグレンチェックなんですが、なんとなく秋冬でほしいので。

下の写真のグレーのほうなんですがあきらめたSCABAL DISCOVERY SUPER100 240g

fabric1.JPG

茶系のほうが今回注文したDRAPERSのリネンです、ちなみに240gとのこと。お店で生地を見たときに惹かれてしまったんです。リネンはフィレンツェで作ったスーツ(HOLLAND&SHERRYの300g台のアイリッシュリネンのネイビー)をもっているのでもう少しカジュアルなものがほしかったし、自分が着ている姿をイメージしやすかったのでこれに決めました。来月中旬には仮縫いがあるでしょうからまたアップします。

さて、いまさらですがオフホワイトのパンツですかね?グレーのウールのパンツもいけそうですが。とりあえず手持ちのINCOTEXのベルトレスのウールパンツをあわそうと持っています。

ちなみに生地を決めるときに会社の後輩も一緒にいたのですが、彼から「スーパーの洋服売り場に有りそうな柄ですよね」とコメントをもらいました。こいつのよさがわからないうちはまだまだですな、あっちゃん。

ラミデュヴァンエノにて

今夜の夕食は神宮前のラミデュヴァンエノ!貧乏なのでいつも一番安いコースしか食べません。ここはいつもおいしい料理を出してくれるすばらしいお店です。ジビエが有名みたいなんだけれど、僕はほとんど食べたことありません。なぜか、ジビエは高いからです。

今日は月島のボーリング場が無料だったので久しぶりにボーリングしたり、久しぶりに会う人がいたりして楽しかったな。友人の奥さんが夜は出かけるというので男同士で食事に出かけたんだけれど、アミューズが出る前に彼女も合流したりして楽しく夕食。彼らは昨年末に結婚したんだけれど本当に素敵な二人です。
エノにて2.jpg

今日は3月も終わりだというのに東京は非常に寒いですね

フィレンツェの仕立て屋について [洋服]

 親しくしてもらってる仕立て屋がフィレンツェにいる。彼はリベラーノのように路面店でなく、表に看板を出さないでひっそりと素晴らしいスーツを作っている。一時ストラスブルゴでも取り扱いをしていたみたいだけれど、残念ながら今は取り扱いがないと思う。フィレンツェのホテルで仕立て屋をたずねてもまず名前は出てこないだろうと思う、電話帳はどうかわかりません。ちなみにリベラーノやタイユアタイも普通のイタリア人は知らないと思います、服飾関係の人間以外は。
sarto.jpg
 僕がはじめていわゆるオーダーのスーツを注文したのも彼のところ。ここ6年間でコートもあわせて6着注文している。1年に1着ときわめてゆっくりと。
 最初のスーツはZEGNAのTROFEOで作った濃紺のスリーピース。アトリエにあった生地で一番安かったし、すすめられたから。ジャケットだけ使えるようにと彼の提案(ほとんど彼が決めちゃったんです、僕が決めたのはシングル3ボタンの紺ということだけ)でボタンはシェルボタン。ここは後のリネンのスーツもシェルボタンだった。採寸もあっという間に終わっちゃうし、若いのでなめられたのかパンツもジッパーでいいかときいてきた。もちろんボタンフライで頼んだけれど。
 肝心の出来上がりはどうか、結果からいうと彼が普段作りなれないベストを頼んだのは失敗だった、もちろん後に修正したもらったけれど。ヘタウマというか手作り感満載の初めての注文服、僕のその後の洋服選びを変えたことには違いないだろう。

 写真を撮ったらまたアップします、詳細もそのときに。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

Jim Thompson パジャマ [洋服]

先週バンコクで注文したジムトンプソンのシルクパジャマを何度か使ってみました。
jimthompson.JPG
結論からいうと快適で素晴らしいです。シルクのパジャマを使うなんて思ってもいませんでしたが2万円もしないでオーダーすることで得られる満足感とシルクの肌触り。乾燥肌なのでよくお布団の中に入ると脚がかゆくなったりしていたのですがこいつを使えばかゆくならないです。こりゃ来月に行くことになったらもう一着オーダーしちゃうと思います。
バンコク市内でどこか信頼できるお店が見つかればジムトンプソンで買わなくても、そっちでオーダーすれば価格はもっと下がると思います。なにぶん他のいいお店を知らないものでとりあえずジムトンプソンでオーダーしましたが。

さて、次は洗濯をどうするかです。いくつかネットで調べてみたんだけれど、中性洗剤を用いて手洗いしてからバスタオルで脱水すれば何とかなるものなんでしょうかね。もし、このブログを読まれた方で愛用のジムトンプソンのシルクパジャマをこうやってメンテナンスしてますみたいなのがあれば教えてください。
タグ:洋服
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

今日も煩悩は続く [洋服]

今日はオフィスに出勤せず、某研修会に参加後、通常より早い時間に自由になりました。今日はたまたま何度かお願いしたことのある仕立て屋さんが出張してきていることもあり、会場まで向かいました。

この仕立て屋さんは月に一度出張してくれていて、転勤後の僕にとっては大変助かる存在です。この前もFINTEXのモヘアでオーダーしたスーツの修正をしてくれました。雑誌にもよく出ている方なので記事についてお話したり、お会いできるのをいつも楽しみにしています。

で、今回は先月から目をつけているグレンチェック!
ちなみに詳しい方のために付け加えると、生地はスキャバルのディスカバリーです。スーツで欲しいな。去年お願いしたFINTEXのモヘアでお願いしたスーツもとってもかっこよかったんです。結局とりあえず生地の仮押さえはしました。4月後半にまとまった収入がある予定なのでそれで支払う予定・・・。
うーん、ただ実はスーツってほとんど着ないんですよね。去年ホーランドシェリーのリネンでつくったスーツを持ってるんだけれどもいつもジャケットしか使っていない。ちょっと考えます。ZEGNAのジャケット生地でもいいのがあったんだけれどね。

洋服はほかにはフィレンツェの仕立て屋さんにもお願いしてるんです。スタイルが二つの仕立て屋さんで当然のことながらまったく違うんですよね。こちらは5着ほどお願いしていますが、ディレクターズスーツしか、彼の地ではMEZZO TIGHTというらしいです、肩パッドも入ってないですね。ごくごく薄いパッドを使ってきます。ちなみにこの仕立て屋さんはベテラン過ぎてこちらが言うことはあまりきいてくれません(笑)。出来上がりは雰囲気があってすばらしいのですが、僕が決められるのは生地ぐらいのものでほとんどお任せ。生地だけ知らせればスタイルは彼任せ。シングルかダブルかすらも。

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

バンコク雑感 [洋服]

13日から2泊でバンコクに行って来ました。友人が駐在でいるのでずいぶん気楽。

 今回の買い物はジム・トンプソンの本店にて。ぐるっとメンズのコーナーを歩いてみましたが特にこれというものは無かった。はじめはシャツのオーダーでもしようかと思ってサンプルを見せてもらったのだけれど、完全マシンメイドで襟なんかも直線的。袖付けもミシン。レオナルドにオーダーのシャツなんかと比べる自体だめなんだけれど・・・。ボタンはさすがに貝ボタンでしたが。

 そこで目にとまったのがシルクのパジャマ。少し前にロンドンのDerek Roseからプロモーションの案内も着ていたけれど高価なのと気に入ったモデルが無かったために見送ってました。よし買ってやれと決心してスタッフから声がかかるのを待ったけど誰も声をかけてこないんです。男性用の既製コーナーは冷やかしの客が多いからなんでしょうか。
 既製は赤とブルーのちょっとキワもの的なパジャマしかなかったです。そこで普段ドレスなんかのオーダーを受け付けている2階のコーナーで生地を選んでオーダーしました。仕立て代が3000バーツに生地が5.5mほど必要だそう。ちなみに僕のは1PLYの無地で575バーツ/mでした。総額1万8千円ぐらいですかね。
 早速昨晩から使っていますがいいです、部屋着としても素敵な出来上がり。既製のサイズを少し調整しましたが、土曜のお昼に注文して日曜の夕方には出来上がりました。ちなみに仮縫いなしです。ドレスなんかの仕立て代も3000バーツらしいので、とても贅沢(無駄遣い?)なパジャマが出来上がってしまいました。
 また写真でも撮ったらアップします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

-|2009年03月 |2009年04月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。